忍者ブログ
犬のストレスの原因や効果的なストレス解消方を紹介しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

犬がストレスを感じないためにも、効果的な犬とのコミュニケーション方法をご紹介し隊と思います。

【犬と1日5分でも遊んであげる時間を作りましょう】
犬はリーダーと遊ぶことが一番のストレス解消方です!
ボールが好きな犬には、ボール投げで遊んであげる。
引張りっこ好きな犬には、引張りっこをやってあげるなど簡単な遊びで十分です。
1日のうち5分でもやってあげるだけで、大分ストレスの解消になりますので、是非やってあげましょう。
うちの犬の場合は、ボール投げ。
やり始めると犬は延々やり続けようとしますが、始まりと終わりをきちんと決め、
メリハリよく遊んであげると、犬も徐々に理解してきます。
遊びが終わったら、おもちゃはきちんとしまいましょう。
出しっぱなしでは、犬はいつ終わったのかわからず、遊び続けようとしますし、
それで飼い主が遊ばなくなってしまったら、無視されたと思い余計にストレスに感じてしまうかもしれませんからね。



【歩くだけの散歩ではなく遊びもプラス】
普段の散歩に、遊びをプラスしてあげましょう。
犬の体力は人間の体力に比べると、かなり体力があります。
普段、ただ歩いているだけでは運動不足でストレスを感じてしまいます。
歩くだけではなく、遊びを混ぜてあげることで、脳の別の部分が刺激されストレスを発散させることができます。
遊びは特別なことでなく、ボール遊びや、引張りっこなど家の中でやっていることでいいです。

【犬も頭を使ってストレス発散】
人間と同じく、犬も頭を使うことで、ほどよい疲労を覚えストレスを発散できます。
最近ではペットショップでもよく見かけるようになりましたが、
おもちゃの中におやつを隠しておいて、転がしたりすることでおやつが出てくるといった
頭を使うおもちゃを与えるのも、ひとつの手です。

【犬に新しいことを教える】
犬は飼い主とのコミュニケーションを楽しみにしています。
犬に新しいことを教えることは、犬にとってみれば飼い主と一緒に遊んでいることと同じこと。
頭も使い、一緒に遊ぶことでストレスを発散できます。
また、新しいことを覚えるので、飼い主も一緒に楽しんで遊ぶことができます。

【留守番の時はおもちゃを与える】
留守番に慣れていない犬だと、飼い主が外出中、悪さをしたり、そそうをしたり、
帰ってきてから大変なことになっているかもしれません。
これでは、犬も飼い主もストレスを感じてしまいます。
基本的に犬は1日のうち、大半を寝てすごします。
お留守番をさせるときは、おやつの出てくるおもちゃなどを与え、頭をつかわせつつ、 安心できるクッションなどをおいておくことで、おもちゃで遊び終わったら
安心して寝ていられる環境を作ってあげることで、お留守番のストレスを軽減することができます。



そのほか、ストレスの原因によって解消方は様々ですが、
犬の求めているものが分かれば、それにあったストレス解消方がわかってくると思います。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
MAIL
URL
PASS
COMMENT
忍者ブログ [PR]
"dog stress" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
dog stress
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
P R
2017
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev
07月
next
09月