忍者ブログ
犬のストレスの原因や効果的なストレス解消方を紹介しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

犬の場合、話ができませんので、ストレスのなどのサインはしぐさで表します。
また、人間と同じで、過度のストレスは体調がくずれ、病気になることもあります。
しっかりと観察して早めに犬のストレスを感知してあげることが大切となります。

犬のストレスサインの代表的なものを紹介します。



物事や、物音に過剰な反応を示す。
落ち着きがなくなる。
体をやたらと掻く。
気が一気に抜けたり、フケげでるようになる。
いきなり下痢になり、それが続く。
よだれを垂らす。
飼い主を避けようとする、または過剰に甘えようとする。
できていたはずのトイレを失敗すようになる
前足や後ろ足など体の一部を舐め続ける
同じ場所をぐるぐる回る   
攻撃的になる                  などです。

これらの行動が見られた場合、ストレスを抱えている可能性が高いと思われます。
犬の性格によっては明確な違いを示さない子もいます。
うちの子は、ほとんど寝てばかりなので、ストレスのサインにまったく気がつかないことが多々ありましたが、よーく見ると微妙にトイレをはずしていたり、
微妙に甘えん坊になっていたり。。。
犬はかならず、何かのサインをだしています。
犬のストレスに気付いてあげるためにも、愛犬の普段とは違うちょっとした変化に気付いてあげるように、コミュニケーションをしっかりとってあげましょうね。
また、子犬の時のストレスは成長過程で、性格や体格を作るうえでも大きな影響が出てきてしまい、ダメージも成犬より深刻になりやすいです。
その時期は、特に気をつけてあげましょう。
ちなみに、うちの子は1歳でうちに貰われてきました。
中型犬だったので、まだその頃は成長期だったはずなのですが、環境の変化によるストレスで成長が止まってしまったようです。
同じ犬種の中では小ぶりな犬になってしまいました。



犬との日ごろのコミュニケーションは決して難しいことではありません。
普段から、一緒に遊んであげたり、撫でてあげたりするなど
犬に注意を向けてあげることで、ほんの小さな変化にも気がつくようになりますよ。

ストレスだけではなく、病気の早期発見にもなりますので、是非、日ごろから愛犬と一緒に遊んだり、撫でてあげたりしてあげてください。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
MAIL
URL
PASS
COMMENT
忍者ブログ [PR]
"dog stress" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
dog stress
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
P R
2017
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev
07月
next
09月